スマートフォン版で見る

ジョイフル系列の上品なお洒落カフェ「並木街珈琲」がオープン!ふわとろ食感のパンケーキを食べてきた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

並木街珈琲の外観画像

2018年7月17日にオープンしたばかりの「並木街珈琲(なみきのまちこーひー)」

あのファミレス大手「ジョイフル」が手掛ける初のカフェということで話題になっていますね。

これから行かれる方向けに食べに行ってきた感想などを紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク


「並木街珈琲」の場所はどこ?

住所は大分県大分市碩田町2-1-36。

中央通りからだとまず新川の交差点(ドンキのあるところ)を右折。1分ほど直進するとすぐ左手側にお店が見えてくると思います。

以前、バイキングレストランの「旬菜ブッフェ陽菜多」があったところです。

地図ではこのあたり↓

お客さんは多かったですが、待ち時間が発生するほどではなかったです。

まだ地元テレビや雑誌などでは取り上げられていないので、行くならお客さんが多くなる前の今のうちがチャンスかもしれません。

「並木街珈琲」の店内の様子

並木街珈琲の店内画像

店内はほぼ満席状態で写真は撮れなかったのですが、お店の方のご厚意で写真を提供していただきました。

木のぬくもりを感じられる広々とした店内はゆったりと過ごせる落ち着いた雰囲気。

写真には写っていませんがカウンタータイプの席には電源も完備されています。

並木街珈琲の本

店内数か所の棚には雑誌や本も多く置いてあったので、一人で来て、のんびりと過ごすのもよさそうです。

あと“全席禁煙”なので、タバコの煙が苦手な筆者にとってはうれしいポイントです。

「並木街珈琲」のメニュー

並木街珈琲のメニュー画像

メニューはスイーツ系からフード、ドリンクメニューに至るまでかなり豊富。パンケーキがおすすめだそうです。

メニューの詳細は下記の公式Webサイトからどうぞ↓

並木街珈琲のメニュー情報を見る|並木街珈琲公式

大分ではまだ珍しい「アイスブリュードコーヒー」

並木街珈琲のコーヒー画像

まず注文したのは大分でもまだ取り扱っているところの少ない「アイスブリュードコーヒー(650yen+税)」

窒素ガスで泡立てたクリーミーな泡が特徴的です。見た目はビールのようですね。

ミルクは入ってないのですが、マイルドな口当たりでブラックでも少し飲みやすくなってる気がします。

ふんわりとろけるような食感の「ふわふわパンケーキ」

並木街珈琲のパンケーキ画像

おすすめメニューの一つ「ふわふわパンケーキ(680yen+税)」も注文してみました。

注文してからメレンゲを立てて焼き上げるため、提供まで20分かかかるこだわりのパンケーキです。

メレンゲパンケーキの画像

メレンゲをたっぷりと使っているので、パンケーキは口の中で溶けてしまうような柔らかさ。

大分市内にあるパンケーキのお店の中でも生地のふわふわ具合はおそらく一番だと思います。

パンケーキ自体の甘さは控えめなので、一人でもぺろりと食べられる量です。

さいごに

ここまでふわふわのパンケーキは初めて食べたので個人的には満足できました。

フード系メニューも充実しているので、今度はカフェ利用ではくご飯を食べに行ってみたいですね。

しばらくは混むと思いますが、ご興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

 

 


並木街珈琲
■住所:大分県大分市碩田町2-1-36

■営業時間:7:00~23:00(L.O.22:00)

■定休日:年中無休

■駐車場:有り(36台)

■Web:https://www.joyfull.co.jp/shop/namikinomachi/

※記事の内容は執筆時のものです。最新情報と異なる場合もありますので予めご了承ください。

【ピックアップ記事】
「コナズ珈琲 南大分店」でパンケーキを食べてきた!ハワイ感があふれる超オシャレカフェ![メニュー情報有り]



カテゴリー: グルメ, 大分市カフェ

このエントリーをはてなブックマークに追加

© 2013 Pharse Oita All Rights Reserved.